榎本祥子さん

転職会議とかいうサイトに登録したんですよ。
正確に言うと登録したのはかなり前で新卒で入った会社にいたころ
 
知ってる方も多いと思いますがこのサイトは登録して自分が在籍した経験のある企業の口コミを登録することでほかの人が投稿した口コミが見れるというもの。
要は自分が転職しようと思っている会社の内情をある程度調べられるんですね。
実際、求人票も履歴書も嘘800だし面接なんてウソつき大会もいいとこですから
まあこのサイトも多くの人が匿名に近い状態で書き込むので信ぴょう性には疑問が残りますがそれでも、元社員の口から情報を得られるというのはなかなか画期的なシステムではないでしょうか。
 
この転職会議、実は求人の掲載も行っておりまして自分が入力した条件で求人を探すこともできますしメールで設定した条件にマッチする求人をお知らせしてくれます。さて、メールでお知らせしてくれるのは転職会議の榎本祥子さんです。
 
最近のDMってのは個人名で送られてくるもんなんですかね?。
そのほうが開封率が上がるんでしょうか。
まあどうでもいいんですけど誰だよ榎本さんよ。
僕に何通メール送りつけてくるつもりだよこの人。
 
毎日のように「こんにちは。転職会議の榎本です。」なんてメールを送りつけられたらもしかして榎本さんと僕は友達だったんじゃないかとかひょっとしてもっと深い仲だったのか・・・?なんてあらぬ妄想がはかどります。榎本っていう名前もなんかおしゃれ。ショートカットでスポーツが得意、たぶんラクロスとかそういうのをやってると思う。家が近い幼馴染でいつも弱気な僕を励ましてくれる快活な女の子。でもこれだけで終わらないのが榎本さん。そう、下の名前の祥子。
なんていうか、榎本っていう名前に反して大和撫子な印象を与えてくれます。
ビーチパラソルの下でグラスに注がれたオレンジソーダみたいな笑顔の下には
僕への秘めた想いが見え隠れ。放課後、いつも二人で来ていた街が一望できる丘の上で夕陽をバックに榎本さんは僕に語りかけるのです。「あなたが---、好きです…」。そこにいつもの笑顔はなく決意に燃えた真剣な、だけど少しだけ不安に揺れる瞳がありました。唐突な告白に狼狽えながらも僕はその瞳から視線を逸らすことはできません。数瞬の間をおいてその想いに応えます。
「僕も…」。
 
なんていうキモい妄想が進むくらいにはいい名前してると思います
 
ボーっとこんなことを考えるくらいにはこのメールしょっちゅう来ます。
来ない日がない。まあ求人の宣伝なんだから当たり前なんですけど、人名で送られてくるとやっぱり見ちゃうんですよね。僕の登録した情報が間違っていたのかまったく興味のない求人ばかり送られてくるのでメールの中身はさっぱり読んでないんですけどね。これからもがんばれ、榎本さん。僕も君が生まれ育ったあの街でずっと待ってる。
 
 
 
ところでこのメール、平気で日曜の午前5時とかに来ます。
まずお前が転職しろよ榎本さんよ。